FC2ブログ
 
 

茨城県土浦市荒川沖DO!!SPE会のブログ

 本会は、自分達が生まれ育った荒川沖の伝統と歴史などを継承し、地域の発展に貢献し、暮らしやすい街を創造するために、元気に楽しく活動することを目的としています。
2008/02«2008/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/04
3/23JR荒川沖駅で発生した事件について
     
3月23日、JR荒川沖駅にて、とても残念な事件が起こってしまいました。

ご遺族と被害者の方々の一日でも早い心身の回復を願うとともに、

亡くなられた方のご冥福を心より、お祈りいたします。

スポンサーサイト



姫宮神社
     
安産の神様!!

DSC_0158.jpg
荒川沖駅西口を出てまっすぐ歩いて土岐時計店の手前の小道を左に進むと・・・。

細い路地に入ると、あっ!神社!!
DSC_0140.jpg
ふつうのお家の隣に見えてきたのが姫宮神社です。

西暦1645年 (寛永20年)に建てられたという姫宮神社。
DSC_0145.jpg
新しく綺麗になってる。

と、ここであるある探検隊の聞き込み調査!!

荒川沖で言い伝えられているこの神社の由来は結構、面白いです。

説は二つありまして、一つ目は『ボボのチ○ポなぜ』という人気信仰の話です。(笑)

この姫宮神社の境内には、明治の頃まで石造りの巨根が建っていて、何やら願いを託すご婦人達の"ボボのチ○ポなぜ"という人気の信仰があったという。

ある日忽然と消えてしまい、みんなをがっくりさせて、その後、持ち去った者が、変な所へ隠してしまったらしいと噂が流れたそうです。(笑)


そして、『それと姫宮は関係ない!!』という人達が言うもう一つの説は、

昔の話で、荒川沖のとある茶屋で働く女がいて、その女は旅の途中で産気づいた妊婦がいると、お産婆さんの代わりを頼まれるそうで、産婦を苦しませないで赤ん坊をとりあげるのが上手だったそうです。

しかし、苦しい女郎勤めの身であったため、病気になってもロクな看護もされず死んでいったそうです。

これを哀れんだ人たちがユーゲン寺の墓地に祠をたてて祀ったのが姫宮の前身であるというお話。




でも、どんな神様が祀ってあるの

再び、姫宮神社にいってみると・・・。
87.jpg

(『安産の守護神』として・・・・・・・・地方には滅多にない珍しい神であるのです。)と書いてあります。


その名も、木花開耶姫命・・・エッ・・・ナニ!!・・・。


アッ!失礼しました。コノハナサクヤヒメノミコトと読むそうです。
ちなみにこの漢字は日本書記の記し方だそうです。

そして、更に詳しく調べてみると、一般的には木花咲耶姫命 と記されて、古事記

には木花之佐久夜毘売と記されるらしく、調べるのが結構大変でした。

調べていく内に正直驚いたのが、サクヤビメ(木花開耶姫命の略)の人気のすごさです。


   ------------------サクヤビメはどんな神様(かなりおおまかですが)-----------------

サクヤビメは、ニニギ(神様)に一目で見初められ、一晩の契りにて子を授かり、彼女を疑った『私の子ならば火の中でも産めるはず』と言うニニギの無理難題にも応える気の強さも持ち、そして火の中、3人の子供まで無事出産したうえに、その子供達も繁栄してゆくというサクヤビメの話は、出会いからはじまり、子孫繁栄まで続くその神話になぞり、子宝、安産、人格、鎮火、子孫繁栄などの神として、とくに女性に人気のある神だそうです。
   ----------------------------------------------------------------------------


ちなみに、サクラはこのサクヤビメという名が語源であるという説もあるそうです。

DSC_0148.jpg


サクヤビメを主神の祭神として祀っている神社は、有名どころでは、富士山の浅間神社、茨城では、笠間の羽梨山神社、かすみがうらの胎安神社、桜川の磯部稲村神社などなど点々と・・・。

DSC_0141.jpg


DSC_0143.jpg
なぜか聖徳太子と書いてある石が・・・。




もしかすると・・・・・。

長崎県雲仙市に、『木花開耶媛神社』という神社があるそうですが、そこにはナント、石造りの巨根の像と、女陰の像が祀られているそうです。

”ボボの・・・”じゃないけど、本当に石造りの巨根はあったかも・・・。

カテゴリー
プロフィール

どうすっぺ

Author:どうすっぺ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる